カナダドルのスワップポイントと政策金利の推移


ca1

リーマン・ショック以降はスワップ狙いには不向き

メジャー通貨の一角ではあるが、個人投資家の間でカナダドルのファンである人は少ないはずである。以前はそこそこの高金利通貨であったが、リーマンショック以降は他国同様、低金利通貨に成り下がった。
政策金利はリーマン・ショック以降1.0%以下、なのでスワップポイントもおまけ程度である。スワップ狙いのトレードには向かない。

また、スプレッドもUSドルはおろか、豪ドルよりも大きい水準である。トレードで敢えてカナダドルを選ぶ理由はあまり見当たらない。
強いてカナダドルを選ぶメリットをあげれば、カナダの財政状況が先進国の中では比較的良好で、通貨の信頼性は高いとは言える。

カナダは資源国であり、特に原油価格に影響を受けやすいと言われている。また、アメリカ経済との影響が大きく米ドルとの相関も高い。レートを動かすファクターが多いためか、クセの悪い通貨として知られている。なので時折、他通貨と全く逆の動きを見せることもある。
要は先が読みづらい通貨である。良く言えば、玄人好みの通貨と言えるかもしれない。

しかし、初心者にとっては付き合いにくいので、個人的には好きな通貨ではない。
また、どちらかと言えば、カナダドル/円より米ドル/カナダドルのペアで取引をする人が多いと思われる。


ニュージーランドドルのスワップポイントと政策金利の推移


nz1

スワップ狙いならおすすめの通貨

メジャー通貨とは言いがたいが、高金利通貨として個人投資家からは人気のあったニュージーランドドル。
しかし、さすがにリーマンショック以降はスワップポイントも小さくなっている。以前は政策金利も8%を超えていたが、最近では3%以下で推移している。
スプレッドも狭いとはいえず、ニュージーランドドルをトレードする意味も薄らいでいると言えるだろう。

また、よく似た性質の通貨であるオージーがニュージーランドドルを中途半端な存在にしている。どちらも高金利通貨で、景気も悪くなく、財政も比較的健全であるが、どっちを買うかというと、やはりオージーの方が買いやすい。
ニュージーランドドル人気が復活するにはスワップポイントでオージーを上回る必要があると言えるだろう。


豪ドルのスワップポイントと政策金利の推移


goudoru1

スワップは低くなったがそれでもまだ狙える?

以前からメジャー通貨随一のスワップポイントを誇っており、個人投資家から絶大な人気を博していた豪ドルであるが、さすがにリーマンショック以降は政策金利も低下し、スワップポイントも低くなっている。現在の水準だとスワップ狙いのトレードとしてはギリギリ狙える線だろうか。
しかし、これでも他のメジャー通貨に比べればかなり高い。
スワップ狙いなら豪ドルかニュージーランドドルぐらいしかまともに買える通貨はないと個人的には思う。

豪ドル政策金利が低い割にはスワップポイントも高いので、もし利上げがあれば再びスワップも100円を超えるかもしれない。そうなれば、人気も復活するだろう。

オージーは個人的にも大好きな通貨だったが、随分損も出してしまって、最近は手を出していなかった。しかし、やはり魅力的な通貨だと思うし、また手がけてみたい気がする。
何かのきっかけで暴落したら、長期保有のつもりでロングしてみようか。


このページの先頭へ