2012年4月24日12時05分約定→敗北


ノーストレスFX取引ルール<パターン1>
★1万通貨で勝負。
★経済指標の発表等のイベントは無視する
★チャートのみで売り買いを決める
★トレンドがはっきりしている通貨を狙う
★順張り
★チャートは1時間足・1日足を見る
★値幅は1円を狙う
★30銭で損切り
★エントリーした時に決済注文(OCO注文)も同時に出す
★勝負が終わるまで値動きは見ない。

2012年4月24日12時05分約定
エントリー:ドル円80.923売り
OCO:指値79.923買い
OCO:逆指値81.223買い
以下のチャートはこの時の日足と1時間足。取引はチャートの一番右端の時点で実施。
両方共下方向のトレンドが見えるし、特に1時間足ではレンジブレイクっぽい。売りを仕掛けるにはいいタイミングだと思った。


結果:16時49分ストップ81.223で約定
残念ながら初挑戦は失敗に終わった。
5時間足らずでストップというのはちょっと早いように思うが仕方がない。
3000円の損であるが、やはり悔しい。ノーストレスと大きな事を言ったが、まったくストレスがないわけでもない。
ただし、このルールなら4回に1回勝てばプラスになる。ここは冷静に次のチャンスを待ちたいと思う。
なお、熱くなると、すぐ次の勝負に出たくなるが、現在は明確なトレンドが見られないので様子見とする。
ああ、昔に比べなんて冷静なんだ…。


失敗から学んだこと→ノーストレスFXへ


私はFXで失敗続きだったわけだが、その分反省も多い。自分が失敗した理由をまとめてみる。

★レバレッジが高すぎた
FXを始めた当初は、一攫千金を狙ってレバレッジを高くしすぎてすぐにマーケットを退場するはめになった。資金が80万円でオージー20万通貨とか今考えたらありえない。

★スワップ狙いは儲からない
一見、楽して儲かるような印象だが、年に何度かある大きく下げる局面でやられる。

★逆張りは難しい
逆張りはうまくいくと大きく値幅がとれるが、売り買いのタイミングが難しい。結局、裏目に出て損をすることが多かった。

★冷静さを欠いた
とりわけ額の大きい勝負での勝率が悪かった。逆に小さい勝負では7割は勝てた。額が大きくなると冷静さを欠いて、正しい判断ができなくなる。

★損切りができなかった
正直、これに尽きると思う。投資の基本中の基本であるが、これほど難しいことはない。そして損切りできない人で勝ち続ける人はいないと思う。

私は今になって痛切に思うのだが、FXはほどんどメンタルのゲームだ。
大きく儲けたい欲があるから、レバレッジも高くなるし逆張りで値幅を大きく取ろうとする。そして、負けを認めたくないから損切りできない。値動きが自分の思い通りにいかないと動揺して、冷静さを欠いて、正しい判断ができなくなる。結果的に高値で買って底値で売るようなこともよくあった。
また、私生活においても、含み損に比例してストレスも大きくなり、仕事にも悪影響が出た。

以上の反省を踏まえて、これからのトレードは以下のことを絶対に守ることにする。

☆大きい勝負はしない
負けても割り切れるぐらいの額にする。また、私はこれまで最終的には大損したが、小さい勝負ではそこそこ勝っている。

☆スワップ狙いはしない
スワップ狙いは最後には確実に負ける。

☆徹底して順張り作戦で行く
逆張りがダメというわけではないが、私は今まで逆張りで失敗してきたし、その逆の順張りなら成功するのではないか?

☆エントリーした時点で損切り注文を出す
損切りがちゃんとできれば、半分は相場を極めたも同然?また、利食いについても同時に注文を出す(OCO注文)。初めからこうしておけば、決済の時悩まなくてすむ。ストレスフリーである。
<2015年1月追記>
現在はスキャルピングでトレードしているが、損切り注文も同時発注するものの、実際はそのラインに達するまでに決済してしまう。利食いについてはその時の状況で決めるので同時注文はしない。

☆ストレスがたまるからエントリー後の値動きは見ない
値動きを見ることは楽しいことでもあるけど、自分が見たところで値をあやつれるわけではない。エントリー時のOCO注文が約定するまで値動きは見ても意味が無い。時間の無駄。精神の浪費である。

実際の取引では損切りラインや利食いラインをどうするのか?などのより詳細な設定があるが、基本は上記のとおりである。どこでエントリーするかについては少し考えるが、それ以外はルールに基づいて取引するので全く悩まない。負けても少額なのでこれまでみたいに真っ白にならない。安全・健全なトレードということでこれをノーストレスFXと命名した。大儲けはできないかもしれないが、悩まずこつこつ稼ぐことができるのではないかと期待している。
<2015年1月追記>
現在はスキャルピングでトレードしているので、トレード開始から終了まで目を離さない。ノーストレスというわけにはいかないが、秒単位のストレスなので、それほど苦にならない。

<2015年1月追記>
☆1日あたりで一定以上負けたらトレードを止める。3日連続で負けたらデモトレードに戻る。熱くなったら一旦パソコンから離れる、など。
過去の挑戦では大負けして退場することになった。だから今回は絶対に大負けしないような手段をとる。そして負けが続けば熱くなって更に負けることも分かっている。それを防ぐために策を講じる必要があるはずだ。

そして、最後にもう一つだけ、ルールを設ける。
☆10万円損したら永久にFXをやめる
これで負けたら、自分としても納得である。綺麗サッパリFXから足を洗うことにする。


このページの先頭へ